サイズの測り方

水着のサイズがよくわからない時は、自分の体のサイズを測りそれを元に選ぶと失敗がありません。ただし水着のサイズを測る場合にもポイントがあります。洋服ならスリーサイズを測りそれを元に選びますが、水着はスリーサイズだけでなく、胴回りサイズが重要となります。特に身長が高い人は、スリーサイズを元に選んでしまうと、水着が体に合わないことも多いので、必ず胴回りを測っておきましょう。

胴回りの測り方は、肩紐が来るあたりの位置から、前半身を通りぐるりと股を通して、背中を通って肩までの縦回りのサイズを測ります。この時洋服を着たまま測ると正確なサイズが測れませんので、薄着になってから図ります。水着と同じ薄さの下着なら着たままでもOKです。メジャーはぴったりと体につけ、たるまないよう測ります。

胴回りのサイズに合わせてサイズを選ぶと、体にフィットした水着が選べます。目安はMが胴回り143から153、Lが148から158、LLが153から163、3Lが158から168となっています。目安はMでも、胴回りサイズが155あるという場合は、1つ上のLを選ぶといいかもしれません。念のため試着してみて、体に合っているかどうか確認しておくと安心です。水着のサイズを見極める時は、スリーサイズと胴回りサイズの両方を測ります。