水着の選び方

水着の選び方にはいくつかポイントがあります。水着にもサイズがありますので、体に合ったサイズを選ぶのが一番ですが、洋服とは少し違ってきます。洋服のサイズに合わせて選んでしまうと、思ったよりも大きかったり小さかったりしますので、注意が必要です。水着が洋服と違う点は、水に濡れることです。水に入る前に既に少しゆるい場合は、水に入ると水圧で体のサイズが変わるので、水着が脱げてしまうことがあります。水着は体にフィットする素材を使用していますが、大きいと隙間から水が入り込むので、動くにくくなってしまいます。

逆に水に入る前の段階でかなりきつい場合は、水に入ると水圧により多少体のサイズが変わりますが、濡れることで締め付け感が強くなり息苦しくなることがあります。水着の形によっては、きつすぎて破けてしまうこともあるのでサイズ選びは重要です。水着のサイズは表示サイズがありますが、メーカーによって規格が違うので、サイズはきちんと確認し、試着をしてから購入することをおすすめします。今は水着の形や素材にも種類が増えています。同じように見える水着でも、素材の違いで着心地も変わってきますから、自分の体に合っていることを確認してから決めましょう。

水着のサイズについては、人により部分的に大きかったり小さかったりという場合、敢えて違うサイズを選ぶということもできます。どうしていいかわからない時は、ショップの店員さんに聞けば教えてもらえます。



◆水着関連
水着をこれから選ぶ方には種類が多い水着の通販サイトですので参考にしてみてください ・・・ 水着 通販